△TOPへ



・ご挨拶
・ご挨拶(橘 青洲)
・私たちの宗教的位置付け
■Oriental Wicca紹介
 ・Oriental Wiccaについて
 ・信条
 ・魔女について
 ・魔女と神性
 ・魔女の祝祭
 ・魔法について
 ・占いについて
 
■司祭長 橘青洲紹介
 ・橘青洲略歴
 ・橘青洲
   オフィシャルサイト
 
 ・魔女の本棚
 
■祈りの世界
 ・はじめに
 ・第1信
 ・第2信
 
■詩篇
 ・日々の祈り1
 ・日々の祈り2
 ・日々の祈り3
 ・大いなる叡智
 
 ・リンク
 ・掲示板
 ・お問い合わせ


 

 

― 魔女の本棚 ― 

【4】思考の方法と行動
   1.思考のプロセス
   2頭の中のバランス
   3.静的なバランス

2.頭の中のバランス

さて、私の「思考のプロセス」をお話しましたが、当然これは自然にこういう順番で考えている、というか、いつもどのように考えているかを分析するとこうなっている、という感じでした。

ここで最近の例を一つ参考例に挙げてみます。(  )内は前回のまとめた部分のどこに当たるかを示しています。

【例】
最近色々考えたり、ものを書くことが多いが自分は偏っていないだろうか。(何かの物事が目の前に来る)

→Wicca系、クラフト系、宗教系、語学系の文章を書くことが多い(まづ客観的に「事実を正確に捉える」)

→文系ばっかりだっ!!(自分がどう感じるかをできるだけ簡単な言葉で表す)

→これでは歴史などは新しい知識を自然と増やしていたとしても理科系の考え方がさび付いてしまう危険があるし、今すでにそうなっているかもしれない(自分なりの評価をする)

→頭の中のバランスを意図的にとらなければいけない(どうすべきかを考える)

 ・文理のバランスが取れるように理科系の知的作業を意図的に増やそう(「目的」や「目標」をはっきりさせる)
  
 ・数学をパズル感覚で楽しみ、なおかつある程度の強制力を持たせよう
 ・化学の知識を使う仕事を少し加えよう。(それによってリアクションが決定される)

→・月刊誌の「大学への数学」を1年玩具にしよう。月刊誌だから強制力あり。

・ハーブを利用した基礎化粧品などの関連商品の開発をしよう。これも業務とすれば強制力ができる。
(具体的な行動の決定)

と、このような感じです。数学の問題を解いていて「教え子の教え子が解けるくらいのものになんでこんなに時間が!!!」などと思いつつ、けっこう楽しんでいます。ハーブ関連の化粧品開発も「官能基をこんなに忘れているのか…」と自分に呆然としながら格闘しています。

このように自分の頭の棚卸しをしてバランスが取れているかを見直してみると、最初のプロセスである「客観的に事実を正確に捉える」という部分の精度が上がります。こうした工夫を私はいつも楽しみながらしています。

 

(初出:橘青洲ブログ 2007.8.23)

<魔女の本棚に戻る>

© Oriental Wicca Web All right reserved.