△TOPへ



・ご挨拶
・ご挨拶(橘 青洲)
・私たちの宗教的位置付け
■Oriental Wicca紹介
 ・Oriental Wiccaについて
 ・信条
 ・魔女について
 ・魔女と神性
 ・魔女の祝祭
 ・魔法について
 ・占いについて
 
■司祭長 橘青洲紹介
 ・橘青洲略歴
 ・橘青洲
   オフィシャルサイト
 
 ・魔女の本棚
 
■祈りの世界
 ・はじめに
 ・第1信
 ・第2信
 
■詩篇
 ・日々の祈り1
 ・日々の祈り2
 ・日々の祈り3
 ・大いなる叡智
 
 ・リンク
 ・掲示板
 ・お問い合わせ


 

 

― 魔女の本棚 ― 

【4】思考の方法と行動
   1.思考のプロセス
   2頭の中のバランス
   3.静的なバランス

1.思考のプロセス

私が日頃、どのような感じで思考活動をしているか、どんな点に注意しているかなど、思いつくままに書いてみようかと思いました。

私は物事を考えるときにはまづ「客観性」を重視します。
つまり、自分の主観をいれずに「事実を正確に捉える」という点に全神経を集中させます。

そして、物事が正確に把握できたら、次に自分がどう感じるかをできるだけ簡単な言葉で表してみようとします。
例えば「素晴らしい」「好き」「嫌い」「理解できるけど賛成できない」「まずい」などという感じです。

その上で自分がそれをどう評価するかを考えます。
そして、それに対して自分がどうすべきかを考えるのです。
例えば「すぐ手を打とう」「様子を見よう」「関わらないようにしよう」「誰それに教えよう」「これを元にものを書こう」などという感じです。

その時に大事なのは「目的」や「目標」をはっきりさせることです。つまり、その物事に対してどういう目的を持つか、ということです。それによってリアクションは当然異なってくるからです。

まとめると、

何かの物事が目の前に来る
→まづ客観的に「事実を正確に捉える」
→自分がどう感じるかをできるだけ簡単な言葉で表す
→自分なりの評価をする
→どうすべきかを考える
 ・「目的」や「目標」をはっきりさせる
 ・それによってリアクションが決定される
→具体的な行動の決定

という感じになります。
これが私の考え方のスタンダードなプロセスです。
これが良いか悪いか、効率的か否か、色々と評価をすることができますが、あまり自分以外の人の考え方のプロセスを聞くことはないと思ったので書いてみました。

(初出:橘青洲ブログ 2007.8.22)

<魔女の本棚に戻る>

© Oriental Wicca Web All right reserved.