△TOPへ



・ご挨拶
・ご挨拶(橘 青洲)
・私たちの宗教的位置付け
■Oriental Wicca紹介
 ・Oriental Wiccaについて
 ・信条
 ・魔女について
 ・魔女と神性
 ・魔女の祝祭
 ・魔法について
 ・占いについて
 
■司祭長 橘青洲紹介
 ・橘青洲略歴
 ・橘青洲
   オフィシャルサイト
 
 ・魔女の本棚
 
■祈りの世界
 ・はじめに
 ・第1信
 ・第2信
 
■詩篇
 ・日々の祈り1
 ・日々の祈り2
 ・日々の祈り3
 ・大いなる叡智
 
 ・リンク
 ・掲示板
 ・お問い合わせ


 

 

 

― 魔女の本棚 ― 

【1】魔法
   1.魔法の原理
   2.4大エレメンツ
   3.呪文

1.魔法の原理

魔法についてを、お読みでない方はぜひ先にこちらをお読みください。

魔術というと儀式魔術のイメージがポピュラーです。呪術というと私の中ではシャーマン的なイメージがあります。そこで区別するために私は魔女の使う術を「魔法」と呼ぶことにしています。この呼び方には賛否あると思いますが、これがとりあえずわかりやすいのではないかと今は思っています。なので、以下特に指摘したとき 以外は魔女の使う術のことを「魔法」と呼ぶことにします。

魔法とは簡単に言えば「意志の力で現実を変える技術」です。そして魔女はそれを「呪文という祈り」で行うのです。

魔女は全てのものは水地火風の4大エレメントに対応していると考えます。魔法とは、精神の力でこれらのバランスを取ることを意味しています。それも、「意図的なバランス」を生み出すことが重要なのです。

「意図的なバランス」を生み出すことについて説明します。今の不満足な状態(A)から、自分が望む状態(B)に事態を変化させたいとします。Aの状態でも、「不満足な自分が存在している」という現実があるわけですし、それは誰が見ても明らかなのですから、もちろん、それはそれでバランスは取れているわけです。しかし、それは本人にとっては望ましいものではないわけです。

例えば、自分が病気で発熱しているという事態があったとして、それはそれでバランスが取れているわけです。しかし、治って元気な状態のバランスとは違うバランスであることは明らかですし、間違ってもうれしいバランスではないと思います。だから意図を持ってBというバランスの状態に変えようと思うわけなのです。

魔法の原理の本質を簡単にいうと以上のようになります。

(初出:橘青洲ブログ 2007.8.3)

<魔女の本棚に戻る>

© Oriental Wicca Web All right reserved.